*

九官鳥は少し野性的

九官鳥は、昔から人間と共に暮らしてきた鳥です。
テレビなどで声まねをする九官鳥を見たことがある人もいるでしょう。

そしてだいぶ前からペットとしても飼われています。
しかし九官鳥はとても野生色が強い鳥です。

九官鳥の生態についてはまだまだあいまいな部分が数多くあり、共に暮らしていると、飽きることはないでしょう。

野性的な部分が強いだけに、無理に何かを教え込むことは九官鳥にストレスを与えることになります。
九官鳥と打ち解けられたら、また野生に戻らないように、常時にコミュニケーションを取るようにしましょう。

九官鳥の値段はお店によって、全く異なってくると思うのですが、相場はだいたい2~3万円です。
お店でも良く出回っている時期と入手困難な時期がありますので、一度お店に確認したほうが良いと思います。

余談になりますが、九官鳥は他の鳥類とは異なり、食事の際、食べ方や水の飲み方など違う部分があり、九官鳥専用のケージや、餌、水入れが必要になります。

えさについては、九官鳥専用にペレットというものがお店に売っているのでそれをあげる方が良いでしょう。
このペレットが毎日の食事の量の90%またはそれ以上になるように量を調整してあげてください。

高濃度のビタミンCを含んでいる果物は与えないほうが良いでしょう。
ミルワームはたまにご褒美としてあげてもよいです。
そして清潔な水がいつでも飲めるように、住居環境を整えてあげましょう。

九官鳥の特徴

九官鳥はとても声真似上手です。
歌を歌ったりするインコをたまにテレビで見かけることがあります。

とても可愛いくて楽しいですよね。
しかし声真似の上手さはインコとは比べ物にならないぐらい、九官鳥の方が上手いです。
九官鳥は、それ自身の言葉や音程をまねるだけでなく、声のトーンを真似します。

このことより、九官鳥の話し方をよくよく聞いてみると、誰がその言葉を教えたのかもわかってしまいます。
このため汚い言葉や暴力的な言葉は教えないようにしてください。

教えてしまったら、九官鳥の物真似から自分が教えたことがわかり、怒られてしまうでしょう。
インコ等と同様に、同じ言葉を繰り返し繰り返し聴くことで、九官鳥はどんどん言葉を吸収していきます。

もっとも困るのは、特に教えようとしていない言葉や音でも、何度もその言葉や音が聞こえてしまうと真似してしまうようになることです。

外の騒音を声真似されてとても大変だったという話も聞いたことがあります。
声真似上手な九官鳥は、インコや文長のように、人に慣れさせて飼うよりも、近くでおしゃべりをしたり、聞いたりして楽しむと良いです。

九官鳥は実は日本で生息しているはすべてが外国産です

九官鳥 は、オスとメスの区別を付けるのがとても難しいです。
いつ成鳥になるのかさえわからないので、子孫を増やしていくことがとても困難なのです。
実際に日本国内に生息している九官鳥こそすべてが外国産なのです。
今まで日本において、九官鳥が繁殖したという話は聞いたことがありません。
(ペットとして飼育している方で九官鳥の繁殖に成功したことがある方は存在するかも知れませんが
ブリーダーなどに繁殖したという事実は伝えられていません。)

繁殖例として鳥のブリーダーなどに伝えられている例はありません。
ただし、ペットで飼っている人で繁殖に成功したことのある人がもしかしたら、どこかにいるかもしれません)。

Posted in: 鳥類