*

マダガスカル生息の珍しい生き物

テンレックは世界中でマダガスカルにしか生息しない珍しい種類であり、外見はハリネズミに似ています。
丸くなったりする姿や、体にそれほど硬くはないですが針を備えている部分も、ハリネズミに良く似ています。
身体は体長14cmほどであり、それほど大きな生き物ではありません。
最近はハリネズミを飼うような人も増えており、その中でヒメハリテンレックを選ぶ人もいます。
ハリネズミと似てはいますが、半樹上生活をするなど、違う部分もあります。

性格はおとなしく、のんびりとしており、臆病な生き物です。
飼育する場合でもやはり臆病なので、ゆっくりと慣れさせる必要があり、じっくりと時間をかければ人になれて、触ったり手に乗せたりできます。

寿命は10年から13年程度であり、小動物の中では長く生きます。
小動物は数年しか生きないような動物が多い中で、長く一緒に生活したいという方にはおすすめです。
飼育環境としては、夏は30度以下を冬は10度以上にする必要があり、暖房や冷房は必要です。
適温は25度とはなっていますが、できるだけ気温を近づけるようにすると良いです。

ハムスターのように顔を洗う仕草をするなど、ハリネズミにないような行動もします。
そして交尾すると1度に15匹ほど赤ん坊を生みますので、飼育するとなると繁殖はさせない方が良いでしょう。
食べ物としては、野生では昆虫や小さなトカゲ、鳥の雛などを食べ、飼育する場合はハリネズミ用のフードや昆虫ゼリーやミルワーム、果物などを与えると良いです。
ただミルワームなどは毎日与える必要はなく、2~3日に1回与えるだけでよいです。

硬いものは食べられないので、お湯などで柔らかくして与えます。
ただお湯でふやかしすぎると、消化不良になり便秘の原因ともなりますので、柔らかくなる程度にふやかすぐらいで良いです。

希少動物で値段が高い

ヒメハリテンレックは、希少動物ということであり、ペットショップで購入する場合は6万円ほどの値段がします。
珍しい生き物であり、ペットショップでも必ずいるとは限らず、探すのに苦労するかもしれません。
珍しい動物を扱っているようなペットショップの方が、いる可能性は高いです。
飼育方法はあまり有名でないので、事前に調べる必要はあります。

小さい身体の動物ですが、木に登りますので、ケージは大きめにして木を入れるスペースのあるものを、最低でも60cmほどの大きさは必要です。
ケージにはえさ入れ、給水器、巣箱、回し車、床材が必要であり、回し車は遊び好きなヒメハリテンレックにとっては必須です。
回し車を入れることによって、遊びの他に運動をさせることもでき、肥満防止にもなります。

Posted in: 動物